熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キンバイザサ科
Hypoxidaceae
キンバイザサ
Curculigo orchioides Gaertn.
キンバイザサ
英名
golden eye-grass, weevil-wort, black musli, Kali musli, Kali Musali
中国名
仙茅,冬蟲草
花期
6~8月
生薬名
仙茅(センボウ)
薬用部位

根茎

成分

配糖体(curculigine A, orcinol glucoside, curligoside B

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • キンバイザサ 化学構造式1
  • キンバイザサ 化学構造式2
  • キンバイザサ 化学構造式3
産地と分布

中国地方,四国,九州,および東アジアからオーストラリアの熱帯帯に分布し,暖地の山地に生える.

植物解説

多年草.根茎は円柱形で地中に直下し,上部は枯れた葉の基部でおおわれる.葉は根茎の頂に叢生し,先は尖状で狭長披針形.葉の脇に地にうずもれたような花序を出し,小さな黄色の花を数個付ける.さく果は肉質で裂開しない.

薬効と用途

強壮作用があり,足腰の弱り,リウマチ,インポテンツ,尿失禁,および腰膝が冷痛して歩行不可能になる症状などに用いる.老化防止を目的に中高年になって飲むと良い.出来物には潰して粉末にし外用する.