熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

オシダ科
Dryopteridaceae
オニヤブソテツ
Cyrtomium falcatum (L.f.) C.Presl subsp. falcatum
オニヤブソテツ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • オニヤブソテツ
  • オニヤブソテツ
英名
house holly-fern, Japanese holly fern
中国名
全縁貫衆,全縁貫衆蕨
花期
花は付けない
生薬名
全縁貫衆(ゼンエンカンジュウ)
薬用部位

根茎および葉柄の残基

成分

フラボノイド(kaempferol-3,7-O-glucoside, kaempferol 3-O-glucoside, quercetin 3-O-glucoside

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • オニヤブソテツ 化学構造式1
  • オニヤブソテツ 化学構造式2
  • オニヤブソテツ 化学構造式3
産地と分布

本州~沖縄,および韓国,中国,台湾,インドシナ半島に分布するが,世界各地で逸出している.海岸近くに生える.

植物解説

多年草.草丈は最大100 cm.根茎は直立し,葉を叢生する.根茎や葉柄基部に付く鱗片は卵形~卵状披針形で,鋭尖頭,褐色~黒褐色だが辺縁はやや淡色.葉柄はわら色.葉身は頂羽片のはっきりした単羽状複生,広披針形.側羽片は7~18対あり,卵状長楕円形,鎌状で先端は鋭尖頭から尾状,革質.胞子嚢群は円形,葉裏一面に散在する.包膜は丸く,中心部が黒褐色,辺縁部が灰白色,全縁.

薬効と用途

解毒,殺虫作用があり流行性感冒,鉤虫症,回虫症などに用いる.濃緑色の葉が美しく,観賞用として栽培されることもある.