熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ヒガンバナ科
Amaryllidaceae
オオマツユキソウ
Leucojum aestivum L.
別名
スノーフレーク,ナツユキノハナ
オオマツユキソウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • オオマツユキソウ
  • オオマツユキソウ
英名
summer snowflake, Loddon lily
中国名
夏雪片蓮
花期
3~4月
生薬名
夏雪片蓮(カセツヘンレン)
薬用部位

鱗茎

成分

アルカロイド(lycorine, galanthamine, tazettine

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • オオマツユキソウ 化学構造式1
  • オオマツユキソウ 化学構造式2
  • オオマツユキソウ 化学構造式3
産地と分布

オーストリア,ハンガリー,南ヨーロッパ原産.

植物解説

多年草.鱗茎を持ち,径3~5 cm.冬に1~3個の葉鞘に包まれて4~5個の葉が現れる.葉は長さ30~40 cm,幅1.5 cm.花は径1.5 cm,花被片は白色,先端部に緑色の斑点がある.花が春に咲いたあと夏前に地上部は枯死する.

薬効と用途

中国では化膿した出来物,腫れ物,咳などに用いるとあるが,有毒植物である.観賞用に栽培される.