熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キク科
Asteraceae
オオグルマ
Inula helenium L.
オオグルマ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • オオグルマ
  • オオグルマ
  • オオグルマ
英名
elecampane, horse-heal, elfdock
中国名
土木香
花期
5~7月
生薬名
土木香(ドモッコウ)
薬用部位

成分

ラクトン(alantolactone, epoxyisolantolactone, maroniolide

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • オオグルマ 化学構造式1
  • オオグルマ 化学構造式2
  • オオグルマ 化学構造式3
産地と分布

ヨーロッパ,北部アジア原産.

植物解説

多年草.草丈1~2 m.全体に柔毛が密生する.主根は肥厚し,円柱形から長円形.根生葉は大形で楕円状披針形で長さ25~40 cm,鋭尖頭で不整鋸歯縁.茎葉はやや小形で基部は半抱茎する.茎の頂に黄色の頭花を散房状に付ける.

薬効と用途

健胃,去痰,利尿,駆虫作用がある.ヨーロッパでは咳,喘息,消化不良に用いる.皮膚の炎症や静脈瘤性下腿潰瘍には煎液で患部を洗う.根はかつてキャンディーやリキュールの風味付けとして好まれた.ドイツではスープにして食用にする.