熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ウリ科
Cucurbitaceae
アマチャヅル
Gynostemma pentaphyllum (Thunb.) Makino
アマチャヅル
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • アマチャヅル
英名
jiaogulan
中国名
絞股藍
花期
8~9月
生薬名
No Information
薬用部位

成分

サポニン(gypenoside類)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • アマチャヅル 化学構造式1
  • アマチャヅル 化学構造式2
  • アマチャヅル 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および朝鮮,中国,インド,マレーシアに分布し,藪地や林内の樹陰に生育する.

植物解説

つる性多年草.根茎は横走する.茎は細長く,長さ4~5 mに達する.葉は掌状複葉,小葉は3~7個,狭卵状楕円形か狭卵形で長さ4~8 cm,鋭尖頭.黄緑色の小さな花を総状円錐花序に付ける.

薬効と用途

主に鎮咳薬として用いられるほか,胃弱,喘息発作,胃潰瘍,十二指腸潰瘍,肝臓病,糖尿病などに用いる.

オタネニンジン(薬用人参)と共通する成分が見いだされたことから,1980年頃にアマチャヅルブームが起きた.