熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

クスノキ科
Lauraceae
マルバニッケイ
Cinnamomum daphnoides Siebold et Zucc.
別名
コウチニッケイ
マルバニッケイ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • マルバニッケイ
  • マルバニッケイ
  • マルバニッケイ
英名
No Information
中国名
No Information
花期
5~6月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

福岡県(大島),長崎県(男女群島),鹿児島県,沖縄県(硫黄鳥島)に分布し,海岸の波蝕崖上の林内に生育する.

植物解説

常緑小高木.密に枝を分かち,葉を茂らせる.葉は対生またはやや互生し,長さ2.5 cm~4.5 cm,固い革質,倒卵形で円頭,基部はくさび形に狭くなり,縁は裏へ反る.花序は長い柄があり円錐状,花は少ない.花柄は短く,花被片は広卵形.果実は楕円形,紫黒色に熟し,長さ約9 mm.

薬効と用途

生垣に利用されることもある.日本の固有種で分布域は限られているが,個体数は少なくないようである.