熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

アオイ科
Malvaceae
ヘラノキ
Tilia kiusiana Makino et Shiras.
ヘラノキ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ヘラノキ
英名
No Information
中国名
No Information
花期
5~6月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

本州紀伊半島と中国地方,四国,九州に分布し,山地に生える.

植物解説

落葉高木.樹高8~10 m.葉身は卵形または卵状長楕円形,先は尾状に細く尖り,基部は歪んだ切形または浅心形,長さ3~8 cm,幅2~4 cm,縁に尖った鋸歯がある.葉柄の基部の側方から長さ4~5 cmの花序を伸ばし,十数個の花を付ける.苞は狭長楕円形で先は円く,花時に長さ3~5 cm,果時に6~7 cmになる.果実は球形で径約4 mm,灰白色の短軟毛が密生する.

薬効と用途

樹皮の繊維は強く,綱や布,蓑の材料として利用された.熊本県や宮崎県では材は障子の桟,杵,仏像などが作られた.