熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

マンサク科
Hamamelidaceae
ヒゴミズキ
Corylopsis gotoana Makino var. pubescens (Nakai) T.Yamaz.
別名
ケショウコウミズキ
ヒゴミズキ
英名
No Information
中国名
No Information
花期
3~4月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

熊本県の固有変種で,蛇紋岩地帯の疎林内に生える.

植物解説

落葉低木.樹高2~3 m.葉身は卵状楕円形または卵円形,長さ5~11 cm,幅3~9 cm,先は短く尖り,基部は心形.下垂する長さ3~4 cmの総状花序に花を3~10個付ける.

基準変種のコウヤミズキと異なり,若枝に宿存する長軟毛と星状毛が密生し,葉柄,花序軸にも長軟毛が多少ある点で区別される.

薬効と用途

熊本県内で観賞用として栽培されることがある.