熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

スイカズラ科
Caprifoliaceae
ハマニンドウ
Lonicera affinis Hook. et Arn.
別名
イヌニンドウ
ハマニンドウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ハマニンドウ
  • ハマニンドウ
  • ハマニンドウ
  • ハマニンドウ
英名
No Information
中国名
淡紅忍冬
花期
5~8月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

中国地方,四国西半部,九州,沖縄の暖地の海岸地帯に見られる.

植物解説

つる性半常緑低木.茎葉無毛で,若い徒長枝に毛が生えることがある.葉は対生,普通無毛で,裏面はやや粉白色,長さ5~10 cm,基部は円形または浅心形.花ははじめ白色で,のち黄色を帯びる.

薬効と用途

よく似たスイカズラとは,花が長いこと,茎が無毛であること,苞が小さいことなどで区別できる.キダチニンドウとは,裏面に赤味がかった腺点が無いこと,葉には毛が多いことなどで区別できる.