熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

アヤメ科
Iridaceae
トバタアヤメ
Iris sanguinea Hornem. var. tobataensis S.Akiyama et Iwashina
トバタアヤメ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • トバタアヤメ
  • トバタアヤメ
英名
No Information
中国名
No Information
花期
4~5月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

福岡県北九州市戸畑区の原野に分布していた.

植物解説

アヤメの変種で,花茎が短く2~3 cmで,苞が緑色であることが特徴.

明治末期まで戸畑区の原野に自生したが,その後絶滅したと考えられていた.昭和33年に区内の農園で栽培されていたことがわかり,地域住民によって保存,普及活動が進められてきた.

薬効と用途

観賞用に栽培される.平成2年に開催された大阪花の万博「郷土の花部門」で銅賞を受賞した.