熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ツゲ科
Buxaceae
ツゲ
Buxus microphylla Siebold et Zucc. var. japonica (Müll.Arg. ex Miq.) Rehder et E.H.Wilson
別名
アサマツゲ,コツゲ
ツゲ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ツゲ
  • ツゲ
英名
Japanese boxwood
中国名
日本黄楊
花期
3月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

本州関東以西,四国,九州に分布し,暖地の山地,特に石灰岩地帯に生える.

植物解説

常緑小高木.樹高1~3 m.幹は直立,葉は対生,楕円形~倒卵円形.先頭は丸く,基部は鈍い楔形,全縁で縁は狭く裏面に曲がり,革質.淡黄色の小さい花を枝先や葉腋に群生し,周囲には雄花が集まり,中央に1個の雌花がある.さく果は秋に緑褐色に熟し,楕円形か球形.

薬効と用途

材は黄味を帯びて美しく,緻密で硬く狂いが少ない.櫛,印材,ブローチ,彫刻,そろばん玉,将棋の駒,数珠などの原料となる.生垣に植えられる「ツゲ」は変種のヒメツゲ,もしくはモチノキ科のイヌツゲである.