熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

バラ科
Rosaceae
ツクシカイドウ
Malus hupehensis (Pamp.) Rehder
別名
チャカイドウ
ツクシカイドウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ツクシカイドウ
  • ツクシカイドウ
  • ツクシカイドウ
英名
Chinese crab apple, Hupeh crab, tea crabapple
中国名
湖北海棠
花期
3~4月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

熊本県,大分県,および中国中南部,台湾.

植物解説

落葉小高木.樹高約6 m.葉は卵形または長楕円形,鋭頭,長さ5~8 cm,幅2~4 cm,縁にやや内曲する細鋸歯がある.花は短枝に3~6個が散状に付き,蕾時には紅色だが開花後白色.果実はぼ球形で8~12 cm,赤色に熟す.

薬効と用途

日本では長い間,野生絶滅と認識されていたが,近年大分県で再発見された.熊本県では栽培状態で多くの個体が残っている.白い花が美しく観賞用に栽培される.