熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

バラ科
Rosaceae
チョウジザクラ
Cerasus apetala (Siebold et Zucc.) Ohle ex H.Ohba var. tetsuyae H.Ohba
別名
メジロザクラ
チョウジザクラ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • チョウジザクラ
  • チョウジザクラ
  • チョウジザクラ
  • チョウジザクラ
  • チョウジザクラ
  • チョウジザクラ
英名
No Information
中国名
No Information
花期
3~4月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

本州東北地方から広島県に至る中央部と太平洋側,熊本県の温帯に分布し,普通点々と生える.

植物解説

落葉小高木.樹高4~7 m.幹は基部から分枝する.樹皮は灰褐色または暗紫褐色で,皮目がある.若枝は灰褐色で開出毛を密生する.葉は開出毛を密生し,葉身は倒卵形,先は尾状に伸びた鋭尖頭で,基部は左右にゆがみ,円形または切形になり,1対の腺点があり,重鋸歯がある.花は葉よりわずかに先からあるいは葉と同時に開く.太い萼筒が特徴.

薬効と用途

観賞用として栽培されることもあり,園芸品種もいくつかある.九州での分布は熊本県のみで,八代市の石灰岩地帯にごく少数が生育するのみである.