熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

モッコク科
Ternstroemiaceae
サカキ
Cleyera japonica Thunb.
別名
ノコギリバサカキ
サカキ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • サカキ
  • サカキ
  • サカキ
  • サカキ
英名
中国名
紅淡比
花期
5~6月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

本州茨城県と石川県以南,四国,九州,および台湾,中国,朝鮮南部に分布しする.

植物解説

常緑小高木または低木.葉は互生し,有柄,革質で,長楕円状広披針形,長さ7~10 cm,幅2~4 cm,先は次第に尖り,先端は鈍頭または円頭,基部は鋭形,全縁か稀に鋸歯がある.やや小型で葉腋に単生または2~3個束生,やや長い花柄は湾曲して下垂する.液果は球形で萼片が宿存氏,径7~8 mm.

薬効と用途

神棚に捧げられるほか,神社や庭園に植栽される.