熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

アジサイ科
Hydrangeaceae
コガクウツギ
Hydrangea luteovenosa Koidz.
コガクウツギ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • コガクウツギ
英名
No Information
中国名
No Information
花期
4~5月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

本州伊豆半島と近畿以西,四国,九州に分布し,暖帯の明るい丘陵,低地の斜面に生える.

植物解説

落葉小低木.樹高1.5 m.葉身は長楕円形~広倒披針形,倒卵形,長さ3~5 cm,先は鋭形,基部はくさび形で,葉縁には斜上する鋸歯がやや間を置いて出る.2~3対の葉のある端子に,径2~7 cmの集散花序を頂生し,10~20花を付け,周辺に1~3個の装飾花を生じる.装飾花は白色あるいは淡紅色.さく果は卵形または楕円形,長さ4~5 cmになる.

薬効と用途

球磨郡山江村では,茶と一緒に干して揉んで飲むという文化がある.宮崎県北方町では4月8日の花祭りに供えられた.両県では茎の芯を突き出して灯心に利用された.八重咲の系統が観賞用として栽培されることがある.