熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ブドウ科
Vitaceae
クマガワブドウ
Vitis kiusiana Momiy.
クマガワブドウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • クマガワブドウ
英名
No Information
中国名
秋葡萄
花期
7月
生薬名
薬用部位
成分
産地と分布

熊本県,宮崎県,鹿児島県に分布する.

植物解説

つる性木本.枝にははじめ白色でやがて帯黄褐色に変わるクモ毛がある.葉柄は長く,13 cmに達し,枝と同色のクモ毛がある.葉身は大型で,ややかたく,長さ7~17 cm,幅6~15 cm,五角状長卵形ないし長卵形で,先は三角状に尖り,肩に角のあるものや3浅裂に傾くものもあり,基部は開いた三角状心形,縁には凹波上の腺質細歯牙がある.裏面は秋まで残る帯黄褐色のクモ毛に密におおわれ,表面は若葉のころだけ同色の毛がある.雄花序は葉よりも長くなり,長さ25 cm,幅7 cmに達し,下部に1個の巻きひげがある.果実は球形で,径約8 mm.

薬効と用途

日本固有のブドウ属.果実は食用.葉や茎のエキスが原料のスキンケアバームが商品化されている.