熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

フトモモ科
Myrtaceae
ユーカリ
Eucalyptus globula Labill
別名
ユーカリノキ
ユーカリ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ユーカリ
  • ユーカリ
英名
Tasmanian bluegum, southern blue-gum
中国名
藍桉
花期
5~6月
生薬名
①ユーカリ葉(ユーカリヨウ),桉葉(アンヨウ),②ユーカリ油(ユーカリユ)
薬用部位

①葉,②葉を水蒸気蒸留して得た精油

成分

モノテルペン(cineole, a-pinene, g-terpinene)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ユーカリ 化学構造式1
  • ユーカリ 化学構造式2
  • ユーカリ 化学構造式3
産地と分布

オーストラリア原産.

植物解説

常緑高木.樹高100 mに達する.幹は平滑で,老樹では樹皮が剥がれやすい.葉は通常対生し,革質で粉白色.披針形か鎌状披針形.長さ12~30 cm,油点が散在し,樟脳様の芳香がある.葉腋に白色の花を1~3個付け,直径約4 cm.さく果は杯状で固い.

薬効と用途

葉はカゼ,下痢,関節痛,腸炎,火傷,できもの,湿疹などに服用,または煎液で患部を洗う.ユーカリ油はリウマチ,神経痛,皮膚病などに外用され,尿道炎,慢性気管支炎などに服用する.また,防腐剤,防虫剤,化粧品の香料,蚊の忌避剤用クリームとして利用される.

庭園樹,街路樹として世界各地で栽培される.