熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ウコギ科
Araliaceae
ヤツデ
Fatsia japonica (Thunb.) Decne. et Planch.
ヤツデ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ヤツデ
英名
glossy-leaf paper plant, fatsi, paperplant, false castor oil plant, Japanese aralia
中国名
八角金盤
花期
11~12月
生薬名
八角金盤(ハッカクキンバン)
薬用部位

成分

サポニン(3-O-a-L-arabinopyranosyl-hederagenin, 3-O-b-D-glucopyranosyl-hederagenin),配糖体((6R,9R)-roseoside)。

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ヤツデ 化学構造式1
  • ヤツデ 化学構造式2
  • ヤツデ 化学構造式3
産地と分布

本州南関東以南~沖縄に分布し,暖地の海岸の林内に生える.

植物解説

常緑低木.樹高2~3 m.幹は数本叢生し,単一またはまばらに分枝する.葉は互生し長柄を持って茎の先端に集まり四方に開き,掌状に7~9深裂し,裂片は卵状楕円形.円錐状散形花序を頂生し,黄白色の小さな花を開く.

薬効と用途

鎮咳,去痰作用があり煎液を服用するか,うがい薬とする.リウマチには浴湯料とする.

葉に含まれるサポニンには魚毒作用があり,かつて葉をすりつぶして川に投げ込むと魚が浮いてくるため,魚の捕獲に使用されたことがある.庭園樹として栽培される.