熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

セリ科
Apiaceae
ミツバ
Cryptotaenia canadensis (L.) DC. subsp. japonica (Hassk.) Hand.-Mazz.
別名
ミツバゼリ
ミツバ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ミツバ
  • ミツバ
  • ミツバ
  • ミツバ
  • ミツバ
英名
East Asian wildparsley, Japanese cryptotaenia, Japanese honewort, white chervil, mitsuba
中国名
鴨兒芹
花期
6~7月
生薬名
鴨児芹(オウジキン)
薬用部位

全草

成分

モノテルペン(b-myrcene, (-)-limonene, (-)-b-pinene)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ミツバ 化学構造式1
  • ミツバ 化学構造式2
産地と分布

日本各地,および朝鮮,中国,サハリン,南千島に分布し,陰地に生える.

植物解説

多年草.草丈30~60 cm.茎は直立し,分枝する.葉は3小葉からなり,互生,小葉は卵形で尖る.根生葉は長柄があり,茎葉の葉柄は短い.小枝の先に小さい複散形花序を付け,少数の細かい白花を付ける.果実は細長い楕円形.

薬効と用途

消炎,解毒作用があり,肺炎,淋病,出来物,帯状疱疹などに用いる.外用はすりつぶして患部に塗る.そのほか,酒に浸して去痰剤としたり,小児の夜泣きに葉の汁を飲ませたり,二日酔いに生のミツバを酢味噌で食べたり,という民間療法がある.

葉は吸い物,酢の物,浸し物,揚げ物など各種料理に用いる.日本では江戸時代に東京の葛飾で栽培が行われるようになり,軟化栽培に発展した.