熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

アカザ科
Amaranthaceae
ホウレンソウ
Spinacia oleracea L.
ホウレンソウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ホウレンソウ
  • ホウレンソウ
英名
spinach
中国名
菠菜,菠薐,菠薐菜
花期
4~5月
生薬名
菠薐(ハリョウ),菠菜(ハサイ)
薬用部位

全草

成分

サポニン(spinasaponin A, B),フラボノイド(spinacetin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ホウレンソウ 化学構造式1
  • ホウレンソウ 化学構造式2
  • ホウレンソウ 化学構造式3
産地と分布

アジア西部の原産で,広く栽培される.

植物解説

一年草.草丈50~60 cm.根は帯赤色で甘味がある.茎は直立し,中空で分枝する.全株無毛.葉は有柄で苗のときは叢生するが茎葉は互生,長三角形から卵形,鋭頭で基部はやじり形に羽裂する.雌雄異株で無花弁.

薬効と用途

止渇,止血,健胃作用があり,糖尿病の喉の渇き,鼻血,便秘,痔などに用いる.煮て食べるか,粉末にして服用する.

野菜として古くから栽培されており品種が多い.