熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

アヤメ科
Iridaceae
ヒオウギアヤメ
Iris setosa Pall. ex Link
ヒオウギアヤメ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ヒオウギアヤメ
英名
bristle-pointed iris
中国名
山鳶尾
花期
4~5月
生薬名
山鳶尾(サンエンビ)
薬用部位

根茎

成分

No Information

産地と分布

北海道,本州中部地方以北,千島,朝鮮,中国東北部,シベリア東部,カナダ,アラスカ,アリューシャン列島,アメリカ北東部に分布し,海岸の湿原に分布する.

植物解説

多年草.草丈30~70 cm.葉は剣状で中肋は隆起せず,幅1~2 cm.花は紫色,径8 cmくらいで,普通3~7花を付ける.外花被片は倒卵形,基部には淡色地に紫色の脈がある.内花被片は小さい披針形で,長さ約1.5 cmで直立する.

薬効と用途

解毒,鎮痛作用があり,できもの,歯痛に服用もしくは外用する.中国で薬用にされる.

観賞用に栽培される.産地により変異が多く,花色も白や桃色などがある.和名は葉や茎の様子がヒオウギに,花がアヤメに似ることから名づけられた.