熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

サルトリイバラ科
Smilacaceae
ハマサルトリイバラ
Smilax sebeana Miq.
別名
トゲナシカカラ
ハマサルトリイバラ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ハマサルトリイバラ
  • ハマサルトリイバラ
英名
No Information
中国名
No Information
花期
生薬名
薬用部位

根茎

成分

タンニン(cinchonain類)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ハマサルトリイバラ 化学構造式1
  • ハマサルトリイバラ 化学構造式2
  • ハマサルトリイバラ 化学構造式3
産地と分布
植物解説
薬効と用途

梅毒,淋病,関節炎,リウマチ,手足のしびれ,腫れ物,頭痛などには根茎15 g,イタドリの全草10 gを煎じて飲む.または根茎15 g,ムラサキイノコズチ(部位不明)10 gを煎じて飲む.いずれも沖縄での用法である.