熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ツヅラフジ科
Menispermaceae
ハスノハカズラ
Stephania japonica (Thunb.) Miers
別名
ケハスノハカズラ,コバノハスノハカズラ,オオバハスノハカズラ
ハスノハカズラ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ハスノハカズラ
英名
snake vine
中国名
千金藤,千斤藤
花期
7~9月
生薬名
粉防已(フンボウイ)
薬用部位

成分

アルカロイド(hasubanonine, protostephanine, metaphanine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ハスノハカズラ 化学構造式1
  • ハスノハカズラ 化学構造式2
  • ハスノハカズラ 化学構造式3
産地と分布

神奈川県以西から沖縄,および中国東部,台湾,朝鮮,南アジア,東南アジア,トンガに自生し,海岸に近い山地などに生える.

植物解説

つる性木本.全体無毛.葉は三角状楕円形で裏面はやや白色を帯びる.葉腋より柄のある複散形花序を出し,淡緑色の小さな花を多数付ける.

薬効と用途

利尿,鎮痛作用があり,リウマチ性関節炎,高血圧,神経痛,水腫などに用いる.腫れ物や毒蛇による咬み傷にはすりつぶしたものを外用する.