熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ミカンソウ科
Phyllanthaceae
ツシマカンコノキ
Glochidion puberum (L.) Hutch.
別名
コバケカンコノキ,アカゲカンコノキ
ツシマカンコノキ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ツシマカンコノキ
  • ツシマカンコノキ
  • ツシマカンコノキ
  • ツシマカンコノキ
  • ツシマカンコノキ
  • ツシマカンコノキ
  • ツシマカンコノキ
  • ツシマカンコノキ
英名
No Information
中国名
算盤子,紅毛饅頭果
花期
5~9月
生薬名
算盤子(サンバンシ)
薬用部位

根,枝葉

成分

セスキテルペン誘導体(glochicoccin D, phyllaemblic acid),リグナン(glochinin A)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ツシマカンコノキ 化学構造式1
  • ツシマカンコノキ 化学構造式2
  • ツシマカンコノキ 化学構造式3
産地と分布

長崎県対馬,熊本県,および中国,台湾に分布し,海岸近くの疎林に生える.

植物解説

落葉小高木または低木.樹高1~3 m.よく分枝し,小枝には毛が密生する.葉は互生し,葉身は披針状長楕円形または楕円形,先は鈍頭で微突起になることが多く,基部は鋭頭となり,全縁,裏面に毛を密生する.花は黄緑色で葉腋に束生する.雌雄異花.さく果は扁球形で,毛を密生,普通7浅裂し,長さ4~5 mm,幅10~15 mm.

国内での分布は限られている.

薬効と用途

カゼの発熱,暑さによる口渇に用いる.口内炎,湿疹,ただれた皮膚病には外用する.葉は腹下しに用いる.中国で薬用にされる.