熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ジンチョウゲ科
Thymelaeaceae
ジンチョウゲ
Daphne odora Thunb.
別名
チンチョウゲ
ジンチョウゲ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ジンチョウゲ
英名
winter daphne
中国名
瑞香
花期
2~3月
生薬名
①沈丁花(ジンチョウゲ)
薬用部位

①花,②葉

成分

クマリン(daphnin, umbelliferone, daphnetin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ジンチョウゲ 化学構造式1
  • ジンチョウゲ 化学構造式2
  • ジンチョウゲ 化学構造式3
産地と分布

中国原産.自然分布は知られていなく,園芸起源も考えられる.

植物解説

常緑低木.樹高1~2 m.密に分枝する.葉は密に互生し,厚い革質で表面に光沢があり,楕円状倒披針形で長さ4~9 cm,幅1.5~3 cm,鋭頭またはやや鈍頭,基部は細まって短枝となる.花は強い香りを放ち,長楕円状披針形の苞に包まれる.雌株が少なく結実も極稀で,赤い液果を少数付ける.

薬効と用途

 喉の腫れや痛み,歯痛に花を煎じて服用,もしくは煎液でうがいする.腫れ物には花や葉の煎液で洗う.

 観賞用として各地で栽培される.