熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ウリ科
Cucurbitaceae
コロシントウリ
Citrullus colocynthis (L.) Schrad.
別名
コロシント
コロシントウリ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • コロシントウリ
  • コロシントウリ
  • コロシントウリ
  • コロシントウリ
英名
colocynth, bitter apple, bitter cucumber, desert gourd, egusi, vine of Sodom, wild gourd
中国名
薬西瓜
花期
7~10月
生薬名
コロシント実(コロシントジツ)
薬用部位

果実

成分

トリテルペン(colocynthin, cucurbitacin E),フラボノイド(6-C-p-methylbenzylvitexin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • コロシントウリ 化学構造式1
  • コロシントウリ 化学構造式2
  • コロシントウリ 化学構造式3
産地と分布

北アフリカ原産で,地中海沿岸,スペイン,セイロン島で栽培される.

植物解説

つる性の一年草.スイカと同属で葉も花もよく似ている.分岐する巻ひげで他物にからまり,葉は羽状に深裂し裂片はさらに浅裂する.雌雄同株.株上に黄色で柄のある雌,雄花を付ける.果実はスイカに似た球形で,緑と黄のまだらが入り,黄色に熟す.香りもスイカに似るが,非常に苦い.

薬効と用途

峻下(激しい下剤)作用があり,煎じて用いるか水エキス,アルコールエキスを用いる.服用して2~3時間で大量の水様性便が出る.多量に用いると激し腹痛と衰弱が起こり,血便が出る.