熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

クスノキ科
Lauraceae
クロモジ
Lindera umbellata Thunb.
クロモジ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • クロモジ
  • クロモジ
英名
No Information
中国名
大叶釣樟
花期
3~4月
生薬名
①釣樟(チョウショウ)
薬用部位

①枝葉,②根皮

成分

モノテルペン(cineole, geraniol, linalool)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • クロモジ 化学構造式1
  • クロモジ 化学構造式2
  • クロモジ 化学構造式3
産地と分布

本州,四国,九州,および中国に分布し,山地に生える.

植物解説

落葉低木.樹高2~3 m.幹は直立し,多数分枝する.樹皮は平滑,緑色で黒い斑点がある.葉は枝の上部に互生し,狭長楕円形か卵状長楕円形で長さ5~9 cm.新葉とともに淡黄緑色の小さな花を葉腋の散形花序に付ける.

薬効と用途

枝葉は民間で脚気,急性胃腸炎に用いる.止血には粉末を患部に塗布する.皮膚病,温補には枝葉を浴湯料として使用する.いんきん,田虫などの寄生性皮膚病には根皮の煎液で患部を洗う.

全体に芳香があり,材でつまようじが作られる.枝葉を水蒸気蒸留して得たクロモジ油は石鹸の香料,香水などに用いられる.