熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キンポウゲ科
Ranunculaceae
クロタネソウ
Nigella damascena L.
別名
ニゲラ
クロタネソウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • クロタネソウ
  • クロタネソウ
  • クロタネソウ
  • クロタネソウ
  • クロタネソウ
英名
love-in-a-mist, ragged lady, devil in the bush
中国名
黒種草
花期
5月
生薬名
No Information
薬用部位

種子

成分

アルカロイド(damascenine),キノン(thymoquinone, b-elemene

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • クロタネソウ 化学構造式1
  • クロタネソウ 化学構造式2
  • クロタネソウ 化学構造式3
産地と分布

ヨーロッパ南部の原産で,各地で栽培される.

植物解説

一年草.草丈約50 cm.茎は直立して多数分枝する.葉は互生し,3~4回羽状に細裂し,裂片は糸状になる.分枝した地上茎の各々の先にやや大形の花を単生する.さく果は長さ約2 cm球形で膨張し,先端で裂開して黒色の種子を付ける.

薬効と用途

西洋の民間薬で尿閉,腸カタル,肺疾患などに用いられたとされる.乾燥し砕いた種子を1回0.5~1.0 gを服用する.アルカロイドを含むため用量を守る.種子には芳香があり,香料や矯味薬として利用されるほか,刻んで枕に詰めると良い夢を見るという.