熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ジンチョウゲ科
Thymelaeaceae
フジモドキ
Daphne genkwa Siebold et Zucc.
別名
サツマフジ,シゲンジ,チョウジザクラ
フジモドキ
英名
lilac daphne
中国名
芫花
花期
3月
生薬名
芫花(ゲンカ)
薬用部位

花蕾

成分

ジテルペン(daphwanin, 3-deoxy-1,2-dihydro-3-hydroxy-(2β, 3β)-daphnetoxin),フラボノイド(genkwanin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • フジモドキ 化学構造式1
  • フジモドキ 化学構造式2
  • フジモドキ 化学構造式3
産地と分布

中国原産で,観賞用に植栽される.

植物解説

落葉低木.樹高約1 m.主枝は直立し多数分枝し,新枝には細毛がある.葉は対生し短柄,長さ3~5 cm,長楕円形で両端が尖り,薄質で裏面脈上に絹毛がある.雌雄同株.葉が展開する前に淡紫色の花を3~8個小枝の先に付ける.
チョウジザクラの名で観賞用に栽培される.

薬効と用途

利尿,去痰,鎮咳作用があり,心臓性喘息,腰痛,疥癬,腹水,胸水,喘息などに用いるが毒性が強い.