熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

トケイソウ科
Passifloraceae
トケイソウ
Passiflora caerulea L.
別名
ボロンカズラ,パッションフラワー
トケイソウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • トケイソウ
英名
blue passionflower, bluecrown passionflower, common passion flower
中国名
藍花西番蓮
花期
5~10月(品種によって異なる)
生薬名
No Information
薬用部位

①果実,②根,③全草,④葉

成分

No Information

産地と分布

ペルー,ブラジル原産.各地で栽培される.

植物解説

常緑つる性低木.地下茎から芽を出し叢生する.葉は5~9深裂して掌状複葉,裂片は全縁,葉柄の腺体は2~6個ある.花は径10 cm,萼片と花弁の内側は白色から桃紫色.副花冠は4層からなり,基部は紫色,中部は白色,先は青色になる.果実は楕円形で長さ5~6 cm,橙色.

薬効と用途

中南米の各国で薬用とされる.ブラジルでは果実を鎮静,抗不安薬として用いる.西インド諸島,メキシコ,オランダ,南米では根を鎮静,駆虫薬として用いる.モーリシャスでは全草のチンキ剤,エキスを精神的要因からなる不眠症に,根は利尿薬,葉の煎液は催吐剤として用いる.アルゼンチンでは葉を鼻かぜ,肺炎などの抗菌薬とされる.その他,中南米では様々な疾患に利用される.
観賞用として栽培される.和名は,分裂した雄しべが時計の長針,短針,秒針に見えることに由来する.