熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

リンドウ科
Gentianaceae
リンドウ
Gentiana scabra Bunge var. buergeri (Miq.) Maxim. ex Franch. et Sav.
別名
ツクシリンドウ,ササリンドウ
リンドウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • リンドウ
  • リンドウ
  • リンドウ
英名
No Information
中国名
No Information
花期
11月
生薬名
竜胆(リュウタン)【局】
薬用部位

根および根茎

成分

イリドイド(gentiopicroside, swertiamarin),アルカロイド(gentianin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • リンドウ 化学構造式1
  • リンドウ 化学構造式2
  • リンドウ 化学構造式3
産地と分布

本州,四国,九州に分布し,山地や丘陵地に生える.

植物解説

多年草.草丈20~90 cm.茎は中空で直立または斜上する.葉は対生し茎を抱き,披針形で先は尖り,全縁.茎の頂または上部の葉腋に紫色,時に白色の花を開く.

薬効と用途

清熱,消炎作用があり,泌尿器系の炎症やかゆみ,および結膜炎など目の炎症にも用いる.漢方処方は竜胆瀉肝湯,疎経活血湯,立効散などに配合される.民間では苦味健胃薬として食欲不振,消化不良,胃酸過多,腹痛に用いる.リンドウは日本薬局方の生薬竜胆の基原植物ではないが,本種も使用可とされる.
熊本県の県花である.