熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ウコギ科
Araliaceae
ヤマウコギ
Eleutherococcus spinosus (L.f.) S.Y.Hu
別名
ウコギ
ヤマウコギ
英名
No Information
中国名
No Information
花期
5月
生薬名
五加皮(ゴカヒ)
薬用部位

根皮

成分

No Information

産地と分布

本州,四国に分布し,山野に普通に生える.

植物解説

落葉低木.樹高約2 m.幹は束生して曲がり,分枝して茶褐色のトゲがある.葉は長枝に互生し,短枝には集まって付き,掌状複葉で小葉は5個,やや不同大の倒卵状楔形か狭倒卵状楔形で長さ2~7 cm,鋭頭か鈍頭で内向鋸歯縁.葉腋に黄緑色の小さな花を多数,散形花序に密生する.

薬効と用途

鎮痛,強壮,強精,利尿作用があり,リウマチ痛,膝や腰の筋力低下,インポテンツ,浮腫,脚気などに用いる.焼酎漬けにしてもよい.本種は中国原産のヒメウコギ,マンシュウウコギの代用とされた.
アクが少なく柔らかい若葉や若芽は,天ぷら,ごま和え,菜飯にして食べる.