熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

アオイ科
Malvaceae
モロヘイヤ
Corchorus olitorius L.
別名
タイワンツナソ,ナガミツナソ
モロヘイヤ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • モロヘイヤ
英名
Nalta jute, tossa jute, Jew’s mallow, West African sorrel, bush okra
中国名
長蒴黄麻,山麻
花期
7~9月
生薬名
No Information
薬用部位

成分

フラボノイド(astragalin, tlifolin, isoquercetin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • モロヘイヤ 化学構造式1
  • モロヘイヤ 化学構造式2
  • モロヘイヤ 化学構造式3
産地と分布

インド原産.

植物解説

多年草.茎は1 m以上に伸び,葉は長楕円状で先は尖り,葉の基部の両側に細い糸状の尖った部分が突き出す.葉の付け根に小さい黄色い花を付ける.

薬効と用途

滋養強壮作用があり,お茶替わりに飲む.果実は有毒であり,食べると死亡する恐れもあるため注意が必要である.
野菜として栽培され,葉を料理に用いる.また,茎の繊維は「ジュート」とよばれ,袋や紐が作られる.
古代エジプトの王の重い病気を治したことから,アラビア語で「王が食べる野菜,王の薬草」の意味のモロヘイヤという名がつけられた.