熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ムクロジ科
Sapindaceae
ムクロジ
Sapindus mukurossi Gaertn.
別名
ムク,シマムクロジ,ムニンムクロジ
ムクロジ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ムクロジ
  • ムクロジ
英名
soapnut, soapberry, washnut
中国名
無患子
花期
6月
生薬名
①延命皮(エンメイヒ)
薬用部位

①果皮,②花

成分

サポニン(sapindosides A, B, mukurozi-saponin E, G)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ムクロジ 化学構造式1
  • ムクロジ 化学構造式2
  • ムクロジ 化学構造式3
産地と分布

本州中部以南,四国,九州,および済州島,台湾,中国,ネパール,インド,インドシナに分布し,山林に生え,人家で栽培される.

植物解説

常緑高木.樹高17 m位に達する.樹皮は黄褐色で滑らか,葉は羽状複葉,大型で互生し,5~8枚の広披針形の小葉を持つ.夏,枝の先に円錐花序で淡緑色の小さな花を開く.雌雄同種.果実は直径約2 cm,秋に黒い種子を含む.

薬効と用途

果皮は気管支炎,咽喉カタル,痰などに用いる.花の煎液で目を洗うと充血,痛み止めなどの効果がある.
果皮はかつて洗剤として,洗髪,洗濯,書画などの汚れ落としに用いられ,種子は羽根つきの球,数珠などの材料として用いられた.