熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

アサ科
Cannabaceae
ムクノキ
Aphananthe aspera (Thunb.) Planch.
別名
ムク,ムクエノキ
ムクノキ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ムクノキ
英名
aphananthe muku tree
中国名
糙葉樹
花期
4月
生薬名
糙葉樹(ゾウヨウジュ)
薬用部位

樹皮および根皮

成分

タンニン((+)-catechin, quercetin),フラボノイド(quercetin3-O-glucoside),フェニルプロパノイド誘導体((2S, 4R)-2-carboxy-4-(E)-p-caffeoyl-1-methyl-hydroxyproline)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ムクノキ 化学構造式1
  • ムクノキ 化学構造式2
  • ムクノキ 化学構造式3
産地と分布

本州から沖縄,および台湾,中国,朝鮮の暖帯から亜熱帯に分布し,山地に生えるが道端などにも普通に見られる.

植物解説

落葉高木.樹高20 m,径1 mにもなる.葉は互生し有柄,卵形ないし卵状披針形で,若葉と同時に淡緑色の細かい花が開く.雌雄同種.核果は卵状球形で径12 mmほど,黒く熟す.

薬効と用途

鎮痛作用があり,腰部の捻挫や疼痛に用いる.
果実は甘く食べられる.