熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

アオイ科
Malvaceae
ムクゲ
Hibiscus syriacus L.
別名
ハチス
ムクゲ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ムクゲ
  • ムクゲ
英名
rose of Sharon, Syrian ketmia, rose mallow
中国名
木槿,朝開暮落花
花期
7~9月
生薬名
①木槿皮(モクキンピ),②木槿花(モクキンカ),③木槿子(モクキンシ),④木槿根(モクキンコン)
薬用部位

①樹皮,②花,③果実,④根,⑤葉

成分

樹皮にアルカロイド(canthin 6-one),トリテルペン(betulin),脂肪酸(azelaic acid)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ムクゲ 化学構造式1
  • ムクゲ 化学構造式2
  • ムクゲ 化学構造式3
産地と分布

中国,インド原産.

植物解説

落葉低木.樹高2~3 m.幹は直立,分枝し灰白色.葉は互生し,卵形でときどき3浅裂する.紫紅色または白色の5弁の花を腋性または頂生する.

薬効と用途

樹皮は抗菌,抗真菌作用があり,チンキ剤(エタノールなどに浸すことで作る製剤)を水虫や田虫に外用する.花は清熱,止瀉作用があり,下痢,嘔吐,下血などに用いる.果実は頭痛,偏頭痛,咳などに用いる.根はできもの,咳,痔などに用いる.葉はできものに用いる.
土地を選ばないため観賞用として世界各地で栽培される.