熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

マンサク科
Hamamelidaceae
マンサク
Hamamelis japonica Siebold et Zucc.
マンサク
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • マンサク
英名
Japanese witch hazel
中国名
日本金縷梅
花期
1~3月
生薬名
満作葉(マンサクヨウ)
薬用部位

成分

タンニン(hamamelitannin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • マンサク 化学構造式1
産地と分布

本州,四国,九州に分布し,山地に見られる.

植物解説

落葉小高木.樹高3~10 m.幹は多数分枝して開出する.葉は互生し,ひし状円形から倒卵形で長さ4~12 cm.やや鈍頭で上半部は波状鈍鋸歯縁で下部は全縁,脈上に星状毛がある.出葉前に黄色花を葉腋に単生か数個かたまって付ける.

薬効と用途

止瀉,消炎,止血作用がある.下痢には服用し,出血した傷,皮膚炎には煎液で患部を洗い,扁桃腺炎と口内炎には煎液でうがいする.
葉と樹皮からは化粧水が作られる.金属製以外の鍋に入れ,沸騰したら火を止める.冷めてから布巾でこし,全体量の1%のグリセリンを加え分離しないようによく振って混ぜる.朝夕の洗顔後,これを丁寧にパッティングすると,タンニンが皮膚を引き締め,張りのある肌になる.
線状でねじれた花弁が美しく,観賞用に栽培される.