熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

シソ科
Lamiaceae
ホーリーバジル
Ocimum tenuiflorum L.
別名
カミメボウキ,トゥルシー
ホーリーバジル
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ホーリーバジル
  • ホーリーバジル
  • ホーリーバジル
  • ホーリーバジル
英名
holy basil, sacred basil
中国名
神羅勒
花期
5~11月
生薬名
ホーリーバジル
薬用部位

茎葉

成分

フェニルプロパノイド(eugenol),フェニルプロパノイド誘導体(rosmaric acid),フラボノイド(cirsilineol)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ホーリーバジル 化学構造式1
  • ホーリーバジル 化学構造式2
  • ホーリーバジル 化学構造式3
産地と分布

アジア,オーストラリアの原産.

植物解説

低木状多年草.草丈60 cm.茎は分枝し,古くなると木質化する.葉は長柄を有し,卵形でやや鋸歯縁,軟毛が密生する.茎葉には芳香がある.紫紅色の花を円錐花序に付ける.

薬効と用途

解熱,健胃,消炎作用などがあり,カゼ,頭痛,胃の症状,マラリアなどに用いる.
インドやネパールなどヒンドゥー教圏では最も神聖な植物として栽培される.