熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ウリ科
Cucurbitaceae
ヘビウリ
Trichosanthes anguina L.
ヘビウリ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ヘビウリ
英名
snake gourd, serpent gourd, chichinda
中国名
蛇瓜
花期
7~9月
生薬名
蛇瓜(ダカ)
薬用部位

果実

成分

色素 (lutein, α-carotene, lycopene)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ヘビウリ 化学構造式1
  • ヘビウリ 化学構造式2
  • ヘビウリ 化学構造式3
産地と分布

インド原産.

植物解説

つる性一年草.茎は多分枝し,巻きひげがある.葉は長い葉柄があり,葉身は普通5浅裂し,円状腎形,広卵形または五角形で,両面に短柔毛がある.雌雄同種.花は白色で,花冠の裂片は細かく裂ける.果実は長さ1~2 mの線状または円柱状で,様々にねじれる.種子は淡褐色の扁圧形.

薬効と用途

清熱解毒作用があり,咳,便秘,化膿した出来物に用いる.中国で薬用にされる.
珍奇な果実の形のため観賞用に栽培される.果実は食用になる.