熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

シソ科
Lamiaceae
ヒメシロネ
Lycopus maackianus (Maxim. ex Herder) Makino
ヒメシロネ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ヒメシロネ
英名
No Information
中国名
異葉地筍,異葉地瓜苗
花期
9月
生薬名
地筝(チソウ),地瓜児苗(チガジビョウ)
薬用部位

全草

成分

No Information

産地と分布

北海道から九州,および朝鮮,中国東北部,アムール,ウスリー,シベリア東部の山野の湿地に生える.

植物解説

多年草.草丈30~70 cm.茎は直立し,やや細く四稜形,通常単一で基部から細長い白色匐枝を出す.葉は対生し,下葉と中葉は広披針形から狭披針形で長さ4~8 cm,鋭尖頭で鋭鋸歯縁.上葉は狭披針形か広線形で長さ1.5~3 cm,時に全縁.葉腋に白色の唇形花を数個密生する.

薬効と用途

駆瘀血(血の滞りを治す)作用があり,閉経,月経不順,産後の腹痛,打撲傷,へびの咬み傷などに用いる.シロネ(Lycopus lucidus)と同じように利用することができる.