熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ヒガンバナ科
Amaryllidaceae
ヒガンバナ
Lycoris radiata (L'Hér.) Herb.
別名
マンジュシャゲ
ヒガンバナ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ヒガンバナ
  • ヒガンバナ
英名
red spider lily, red magic lily
中国名
石蒜
花期
9~10月
生薬名
石蒜(セキサン)
薬用部位

鱗茎

成分

アルカロイド(homolycorin, lycorin, lycoramine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ヒガンバナ 化学構造式1
  • ヒガンバナ 化学構造式2
  • ヒガンバナ 化学構造式3
産地と分布

本州から沖縄,および中国の暖帯,温帯に分布し,山野,路傍,道端などに生える.

植物解説

多年草.草丈30~50 cm.地下の鱗茎は球状.花の後で根生葉を束生し,葉は広線形で鈍頭.鱗茎から花茎を1本だし先端に赤色の花が数個輪状に開く.果皮は6片で細長く,外側に反り返る.

薬効と用途

鎮痛作用があり,肩こり,膝の痛みに,すりおろした鱗茎をガーゼや布に包んで足の土踏まずに貼る.体のむくみにも同様に利用する.全草に強い毒性があるため口にしてはいけない.
鱗茎にはデンプンを多く含むため,砕いた鱗茎を水にさらして毒性を除いて食用にされた.鱗茎をすりつぶし糊状にしたものは,屏風やふすまの下張り使うと虫が付かないとされ,昔利用されていた.