熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

メギ科
Berberidaceae
ヒイラギナンテン
Berberis japonica (Thunb.) R.Br.
ヒイラギナンテン
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ヒイラギナンテン
  • ヒイラギナンテン
英名
Japanese mahonia
中国名
台湾十大功労,華南十大功労葉
花期
3月,9月
生薬名
十大功労葉(ジュウダイコウロウヨウ)
薬用部位

成分

アルカロイド(berberine, palmatine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ヒイラギナンテン 化学構造式1
  • ヒイラギナンテン 化学構造式2
産地と分布

中国南部,南西部,台湾,ヒマラヤに分布し,日本では庭園に植えられる.

植物解説

常緑低木.茎は叢生し高さ2 m前後.葉は互生し,奇数羽状複葉,小葉は卵状楕円形,革質で,大きな鋸歯がある.茎の先端に総状の花序が束生する.花は黄色,花弁には蜜腺がある.果実は紫黒色の液果.

薬効と用途

清熱,鎮咳作用があり,発熱,咳や痰などのほか,めまい,耳鳴り,下痢,目の充血などにも用いる.
庭園樹や生け垣に植栽され,生け花の材料としても知られる.