熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キジカクシ科
Asparagaceae
ハラン
Aspidistra elatior Blume
別名
バラン
ハラン
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ハラン
  • ハラン
英名
cast-iron-plants, bar room plant
中国名
蜘蛛抱蛋
花期
2~3月
生薬名
蜘蛛抱蛋(チチュホウタン)
薬用部位

根茎

成分

サポニン(aspidistrin),ステロイド(diosgenin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ハラン 化学構造式1
  • ハラン 化学構造式2
  • ハラン 化学構造式3
産地と分布

九州南部の宇治群島,黒島,諏訪之瀬島の原産.かつて中国南部が原産とされたが,中国での野生は見つかっていない.

植物解説

多年草.根茎は横臥し,やや太く強剛で鱗状葉がある.葉は根生し,長柄があり,長楕円状披針形で長さ30~50 cm.平滑で光沢があり,鋭尖頭.鱗状葉の葉腋に高さ2~7 cmの花茎を出し,帯褐紫色で浅い鐘状の花を茎の頂に単生する.

薬効と用途

利尿,強心,去痰,強壮作用がある.
庭園用,切り花用に栽培される.葉は寿司などの間仕切りや敷物,日本料理の飾りつけとして用いられる.