熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

モクセイ科
Oleaceae
ネズミモチ
Ligustrum japonicum Thunb.
別名
タマツバキ
ネズミモチ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ネズミモチ
  • ネズミモチ
  • ネズミモチ
  • ネズミモチ
英名
Japanese privet, wax-leaf privet
中国名
日本女貞
花期
5~6月
生薬名
①女貞子(ジョテイシ),②女貞葉(じょていよう)
薬用部位

①果実,②葉

成分

① にトリテルペノイド(oleanolic acid, ursolic acid, acetyloleanolic acid)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ネズミモチ 化学構造式1
  • ネズミモチ 化学構造式2
  • ネズミモチ 化学構造式3
産地と分布

本州関東南部以西,四国,九州,沖縄,および朝鮮,台湾に分布し,暖地の山林に生え,日本では各地で植栽される.

植物解説

常緑低木.樹高2~3 m.幹は直立し灰色,枝はよく分枝する.葉は有柄で対生,楕円形で鈍頭.新枝の先に円錐花序をだし,白色の小さな花を多数付ける.果実は長楕円形で11月に紫黒色に熟する.

薬効と用途

果実は強壮,強精,緩下,強心作用があり,足腰の筋力の低下,白髪,視力低下,かすみ目,便秘などに用いる.煎液の服用のほか,粉末,薬用酒にしても効果がある.葉は消炎,鎮痛作用があり,あぶって柔らかくしたものを腫れ物に貼付したり,浴湯料として皮膚疾患に用いたりするほか,胃潰瘍には煎じて服用する.歯痛には葉を噛む.