熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キジカクシ科
Asparagaceae
ナガバジャノヒゲ
Ophiopogon japonicus (Thunb.) Ker Gawl. var. umbrosus Maxim.
ナガバジャノヒゲ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ナガバジャノヒゲ
  • ナガバジャノヒゲ
  • ナガバジャノヒゲ
英名
No Information
中国名
No Information
花期
6月
生薬名
麦門冬(バクモンドウ)
薬用部位

根の膨大部

成分

No Information

産地と分布

本州関東地方以西から九州,トカラ列島中之島,および韓国,中国に分布する.

植物解説

ジャノヒゲとは変種の関係にあり,根茎が5~20回とよく分枝し,しばしばストロンがなく,あっても短く3 cmほどである.

薬効と用途

ジャノヒゲ(O. japonicus)の代用として鎮咳去痰,清熱薬として用いられる.日本薬局方での生薬麦門冬の基原は,ジャノヒゲだけである.ジャノヒゲと異なりストロンが無く,群落を作らず株立ちする.