熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

マメ科
Fabaceae
トキリマメ
Rhynchosia acuminatifolia Makino
別名
オオバタンキリマメ
トキリマメ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • トキリマメ
  • トキリマメ
  • トキリマメ
英名
No Information
中国名
漸尖葉鹿藿
花期
6~9月
生薬名
No Information
薬用部位

豆果を含めた全草

成分

No Information

産地と分布

関東地方以西,四国,九州,および朝鮮に分布し,山野に生える.

植物解説

多年草.茎は細くつる状に長く伸びて他物に巻き付く.葉は3枚の小葉からなり,長柄があり質は薄く,葉身の長さ5~9 cmで,卵形で鋭尖頭.花は総状花序に付ける.豆果は赤く熟し,開裂すると黒色の種子が見える.

薬効と用途

健康茶として飲まれる.利尿作用もある.同属のタンキリマメ(R. volubilis)との違い,葉先が尖り,毛が少ない.