熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ツルナ科
Aizoaceae
ツルナ
Tetragonia tetragonoides (Pall.) Kuntze
別名
ハマヂシャ
ツルナ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ツルナ
  • ツルナ
英名
New Zealand spinach
中国名
番杏
花期
6~10月
生薬名
蕃杏(バンキョウ)
薬用部位

全草

成分

No Information

産地と分布

北海道から九州,および台湾,中国,南アジア,南米,ニュージーランド,オーストラリアに分布し,海岸地帯の砂地に生える.

植物解説

多年草.草丈40~60 cm.全株多肉質で無毛.茎基部は長く伏臥し,上部は斜上してまばらに分枝する.葉は互生し,卵状三角形か菱状卵形で長さ3~6 cm.鈍頭で基部は広楔形かやや切形,全縁.葉腋に黄色花を1~2個付ける.

薬効と用途

胃炎,腸炎に煎液を空腹時に服用する.胃弱には常食する.腫れ物には付き砕いて粉末にしたものを塗布する.
野菜として栽培されることもあり,おひたし,あえ物,汁の実などで食べる.