熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ウルシ科
Anacardiaceae
チャンチンモドキ
Choerospondias axillaris (Roxb.) B.L.Burtt et A.W.Hill
別名
カナメノキ
チャンチンモドキ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • チャンチンモドキ
  • チャンチンモドキ
英名
Nepal hog plum
中国名
南酸棗
花期
5月
生薬名
南酸棗(ナンサンソウ)
薬用部位

樹皮

成分

タンニン(gallic acid, 1,4,6-trigalloylglucose, 1- galloylglucose)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • チャンチンモドキ 化学構造式1
  • チャンチンモドキ 化学構造式2
  • チャンチンモドキ 化学構造式3
産地と分布

熊本県,鹿児島県,および台湾,中国,タイ,ヒマラヤに生育する.

植物解説

落葉高木.雌雄異株.樹高22 mに達する.樹皮は灰紫褐色,縦に裂け,薄く剥がれ落ちる.葉は奇数羽状複葉で長さ25~35 cm,小葉は7~13個,卵状長楕円形~長楕円形,縁は波状または全縁,裏面脈上に毛がある.雄花は円錐花序に付き,雌花は腋生の枝に1個付く.果実は長さ2.5 cm,外果皮は汚黄色,中果皮は多肉.

薬効と用途

膏薬を作り,やけど,傷の出血,乾癬に外用する.中国で薬用にされる.
日本では熊本県,鹿児島県だけに自生する.果肉は甘く食用.