熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

マメ科
Fabaceae
タンキリマメ
Rhynchosia volubilis Lour.
タンキリマメ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • タンキリマメ
  • タンキリマメ
  • タンキリマメ
英名
No Information
中国名
鹿藿
花期
7~9月
生薬名
鹿藿(ロクカク)
薬用部位

茎,葉,種子

成分

種子にタンニン(gallic acid, 7-O-galloylcatechin, 1,6-digalloylglucose)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • タンキリマメ 化学構造式1
  • タンキリマメ 化学構造式2
  • タンキリマメ 化学構造式3
産地と分布

関東以西のやや暖かい地方の沿海地や山野に生える.

植物解説

つる性多年草.茎はつる状に長く伸び,他物に絡みつき,よく繁茂し,葉と共に褐色の毛でおおわれる.葉は互生し,長い柄を持った3出複葉.小葉は倒卵形あるいは倒卵状の菱形.葉腋から葉よりも短い長さ2~4cmの総状花序を出し,黄色の蝶形花を開く.豆果は秋に赤く熟して,避けて2個の黒色の種子を放出する.
和名は痰切豆で,この豆を食べると痰が出るのを治すとされることに由来する.

薬効と用途

茎と葉は鎮痛,解熱作用があり,頭痛,腹痛,産褥熱などに用いる.できもの,はれものには煎液を外用する.種子はジフテリア,扁桃腺炎に服用し,角膜白斑には煎液を外用する.中国で薬用にされる.