熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ウコギ科
Araliaceae
タラノキ
Aralia elata (Miq.) Seem.
別名
ウドモドキ,タラッポ
タラノキ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • タラノキ
  • タラノキ
  • タラノキ
  • タラノキ
英名
Chinese angelica-tree, Japanese angelica-tree, Korean angelica-tree
中国名
遼東楤木
花期
8月
生薬名
①楤木皮(ソウボクヒ,タラボクヒ),②楤根皮(タラコンピ)
薬用部位

①樹皮,②根皮,③とげ

成分

根皮にサポニン(elatoside A, C, tarasaponin V)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • タラノキ 化学構造式1
  • タラノキ 化学構造式2
  • タラノキ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および朝鮮,サハリン,中国東北部,アムール,ウスリーに分布し,山野に生える.

植物解説

落葉低木.樹高4~6 m.幹は直立し,ときに多少分枝して大小の鋭刺を多数つける.葉は互生し,2~3回羽状複葉で小葉は各羽片に5~9個,卵形か楕円形で長さ5~12 cm,鋭尖頭で細鋸歯縁.散形花序が複総状につき,白色花を多数開く.

薬効と用途

樹皮,根皮ともに抗糖尿病,利尿,健胃作用があり,糖尿病,腎臓病,胃潰瘍,肝臓病,高血圧,神経痛などに用いる.酒の飲みすぎによる胃腸の不調には茶替わりに常用する.とげは高血圧症に用いる.
若芽は山菜としてよく知られている.